Case 02

ビジュアルイメージを作り上げ
企業の見え方を整える

アールトラスト ・インベスターズ株式会社 様

​ロゴ、WEBサイト、ライティング

アールトラスト ・インベスターズ株式会社 様[東京都・新宿]

アールトラスト ・インベスターズ株式会社 様は、海外投資を扱う企業で、これから投資を始める方の支援や、ポートフォリオワーカーの育成を通じて、多くの方が多様な働き方ができるように活動を行っています。無理せず自分らしく自由に暮らしていけるように「海外投資」をもとに様々なサポートを行なっています。

WEBサイトのリニューアルで、ターゲットに受け入れられる
​ビジュアルイメージを作りたい。

WEBサイトのリニューアルのご依頼。メインターゲットである20〜50代の女性から受け入れられるデザインにしたい。ということでご相談をいただきました。合わせて、既存のロゴはWEB上で簡単に制作できるサービスで制作していたことから、ロゴの持つ意味や重要性をお話させていただき、新しいロゴを制作する形となりました。

ターゲットに思ってもらいたい印象を改めて整理し、
WEBサイトに落とし込む

WEBサイトのデザインで大切なのは、情報を正しく伝え、気持ちよく見てもらうこと。そのために世界観を作り上げていきます。内容や印象に「違和感」が生じると、会社としての見え方がネガティブになってしまいます。今回はボリュームのあるWEBサイトだからこそ、世界観を軸に1つひとつの要素を細かくみていき、「違和感」を与えず、気持ちよくみてもらう工夫を凝らします。

言葉と見た目を整え、世界観を作り、伝えたいことを正しく伝える。

「お金」、「投資」というイメージではなく
投資によって得られる「豊かさ」を表現。

業界全体をみると、「お金」や「投資」というイメージから、ギラギラした印象がありましたが、アールトラスト様の提案する投資は、無理のない投資で等身大の自分が自由に暮らすということを目指しているため、ギラギラした印象から切り離し、投資によって得られる「豊かさ」、安心感、誠実さをロゴやビジュアルで表現します。

投資によって得られる「豊かさ」に着目し、言葉やビジュアルを構築していきます。わかりやすさはもちろん、親しみのあるデザインを心がけています。企業として大切にしていることを表現するために、メインコピーとして「豊かな暮らし、新しい投資。」というコピーを作り展開しています。

イラストを制作し、​柔らかい印象で世界観を表現する。

ビジュアルを作る際は、写真素材などを使用し、説明的にみせることがあります。しかし、今回は説明的な写真を使用するよりも、柔らかい印象のイラストを制作し、サイトを訪れた方に世界観を感じ取ってもらうようなビジュアル作りを心がけています。

「豊かさ」とは何か。カーテンがゆっくり揺れている様子、木漏れ日を眺める時間、グラスに水を注ぐ時 ──。ふとした日常の瞬間に、豊かさを感じることがあります。その日常の1個コマを切り取り、表現するためにTOPページ用の動画を作りました。

​企業としての見え方をデザインで整えていく。

WEBサイトの制作において、サイト内で使用されるビジュアル、言葉は企業を表すもの。その言葉一つひとつ、写真1点1点を細かくみていき、正しく伝えることが企業ブランディングの第一歩だと考えます。小さなことではありますが、各制作物の見え方を今一度見直すことで、信頼感や安心感、企業をポジティブに捉えてくれるきっかけになります。

ブランディングやデザインツールについて何かお困りごとやご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

logo2_w++.png
〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺4-7-47
TEL:0467-37-5290(月〜金10:00〜17:00 土日祝休)
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
mark+.png
Copyright © 2020 Kurumigayatsu Design Room inc. All Rights Reserved.